PC用品

【レビュー】最強のキーボード!エレコム TK-FBP100BK の外観、使ってみた感想、デメリットをまとめました【iPad】

PC用品

このキーボードめちゃめちゃ便利!

今回はお気に入りのTK-FBP100BKを紹介します。

  • Bluetooth接続
  • マルチペアリング
  • win、mac、iOS(iPad)に対応
  • 絶妙なキー配列
またたび
またたび

完璧すぎて文句がない..!

使いすぎてついに故障。リピート購入したので記事にしました

1:商品外観、付属品

今回買ったのはこれ

・パッケージ

いつものようにamazonで購入。3500円でした。

外装の箱はシンプルなデザインです。
(画像クリックで拡大)

付属品は本体、取説、単4電池の3つ。レシーバ方式ではなく、Bluetooth接続のみのため有線接続はできません。

箱の内側には基本操作がのってます。

ゴム足は6か所。全体的にしっかりしててガタつきもありません。ネジはゴム足で隠れています。

電源投入とペアリング時、黄緑に光ります。

本体けっこう薄め。

けど剛性があってそこそこいい打ち心地です

・大きさ

サイズは縦13cm、横29㎝。標準的なミニキーボードです

iPadとの比較

iPad Pro 10.5 (2017)

大きすぎず、小さすぎず、いい感じのサイズで気に入ってます

・重さ

重さは397g。カバンにいれてもギリ許容範囲です。

2:スペック

スペックはこんな感じ

  • 型番:TK-FBP100BK
  • Bluetooth接続
  • 複数OSに対応
  • マルチペアリング
  • 電池駆動

似たようなキーボードがたくさんある中で選んだ理由。


それは「機能の豊富さ」です

またたび
またたび

うれしい機能が盛りだくさん!

・その1:Bluetooth接続

レシーバがいらない!

これは重要です。

今メインで使ってるノートパソコンはUSB-A端子が3つ。
マウス(レシーバ)、外付けHDD、フラッシュメモリを接続するとポートが埋まってしまいます。

今メインで使ってるノートパソコンはUSB-A端子が3つ。マウス(レシーバ)、外付けHDD、フラッシュメモリを接続するとポートが埋まってしまいます。

埋まるUSBポート

なのでキーボードはBluetooth接続一択。

「いやノートPCのキーボード使えよ!」

ってツッコみが入りそうですが、ノートPCのキーボードは修理が大変だからあんまり使いたくないんです。

・その2:複数のOSに対応

かな入力は絶滅危惧種じゃないか..?

windows、macOS、iOS、iPadOSに対応しています。アップル製品でもショートカットキーが使えます。

切り替えはFnキーの同時押し

外出時にはiPadとセットで使ってます。

・その3:マルチペアリング

マルチペアリングに対応

3台まで接続でき、Fnキーの同時押しで切り替え可能。

  • 1:ノートPC(win) メイン機
  • 2:ノートPC(win) サブ機
  • 3:iPad

普段のペアリングはこんな感じでつかってます。

つまりwindowsのPCとiPadで同じキーボードが使えるわけです。もちろんショートカットキーも使えます(ここ重要)

実際かなり便利です。

ブログやってる人なら分かってもらえると思うんですが、出先での環境構築はけっこう悩むんですよ。

2-3泊くらいならiPadとこのキーボードを放り込むだけでOK!家の中でもパソコンとすぐに切り替えできる!iPadのショートカットキーも使えるので作業効率バツグン!

またたび
またたび

ストレスフリーで最高!

もうめっっちゃ楽です。


ありがとうエレコム。愛してる。

3:電池駆動

電源は乾電池のみ。
単4、2本で動きます。

交換は2ヶ月に1回くらいでしょうか?

毎日10時間くらい使ってますが全然切れません。

またたび
またたび

交換した記憶がないぞ…

4:豊富な入力キー

・その1:Fnキーと方向キー

Fnキーの割り当てが絶妙です。

これを見てください

ファンクション(水色)で切り替え可能

方向キーのファンクションに

  • PgUp
  • PgDn
  • Home
  • End

が割り当てられています。

「十字キーのファンクションに割り当てられてる」

というのがミソ。十字キーで移動と範囲選択がパッと切り替えられて効率的ですし、ネットサーフィンもめっちゃラクです。ワードなどの文書作成でも便利に使えます。

  • PgUp、PgDn:マウスホイール代わり
  • Home、End:範囲選択にも使える

これがないキーボードって意外と多いので買う時は必ず確認しています

またたび
またたび

1回使ってみて!感動するよ!

・その2:アプリケーションキー

「アプリケーションキー」はマウスの右クリックと同じ動きをします。このキーは割と省略されがちですがちゃんと付いてます。

無線キーボードではFnキーでの同時押しになっている事が多いので、単体でキーとして存在しているのはポイント高いですね

5:残念なところ

その1:Fnキーが1こだけ

Fnキーは左に1こだけしかありません

Fnキーは左だけ

右側にもFnキーがあれば、右手で操作が完結しました。この部分は使ってて「惜しい!」と感じた部分です。

変換キーいらないからFnキーと取り替えてほしいな

その2:win/cmdキーが1こだけ

win・cmdキーも1こだけしかありません。

こっちも右側に欲しかった。

この価格帯だと1こが普通
さすがに求めすぎかな?

その3:ペアリング用キーの位置

ペアリングの切り替えはFnキーで行います。

さっきのコレ

画像のようにTabキーに割り振られているため、触ってしまって

「???」

ってなります。スイッチ式タイプなら完璧だったかもしれない。

人による:タッチがノートPC

タッチはノートPCと同等。正確には「パンタグラフ方式」と呼ばれるタイプです。

ペチペチとしたあの感触なので、メンブレンやメカニカルタッチがいい!って人にはオススメできません。自分はノート特有の薄っぺらいタッチが好きなので逆に気に入ってます。

6:壊れた理由

買い替えの理由はキーの故障。

「半角・全角キー」がチャタリング(接点不良)を起こすようになり、高速に切り替わりまくって文字入力ができなくなりました。

使用環境はこんな感じ

  • 使用頻度:1日およそ5-6時間
  • 期間:1年5ヶ月

かなり使い倒したので元はとれたかな?耐久性に問題はないと思います。

まとめ

  • OSの互換性バッチリ
  • マルチペアリングで切り替えかんたん
  • キー配置が最高

かゆいところに手の届く、いいキーボードです
色んな機種を使ってきましたが過去最高です

これから何度も買いなおすでしょう

またたび
またたび

セールの時にまとめ買いするのもアリだよ!

以上、お気に入りキーボードの紹介でした


タイトルとURLをコピーしました